ごあいさつ
Message
 東輪堂は1978年に多言語翻訳会社として創業し、最新テクノロジーを積極的に導入しながら品質・コスト・スピードの優位性を武器に数多くのお客様から厚い信頼を頂き、業界におけるリーディングブランドとして発展してまいりました。お蔭様で東輪堂は2018年に創業40年を迎え、更に2019年には東証1部上場のCDSグループの一員となって10年目を迎えることが出来ました。新たな激動の時代に向かって力強く大きな歩みを続けております。改めまして皆様のあついご支援、ご愛顧に深謝申し上げます。

 新生東輪堂は、従来の技術文書のライティングから日英/多言語翻訳、DTP、さらに印刷に至るまで、お客様のドキュメンテーションニーズにお応えする事はもちろん、“one stop multi solutions”を合言葉にお客様の新しい多様なニーズにも対応すべく、年々そのサービス領域を拡げております。

 ドキュメンテーション事業領域は技術文書はもとより、広報IR、法律、医療、大学・教育、観光・出版等極めて多岐にわたっており、取り扱い言語は70を超え、新興国の経済発展に伴い毎年増加しております。更にISO17100に裏づけられた翻訳品質と世界中に拡がる翻訳リソースネットワークを武器に、機械翻訳ソリューション/翻訳コンサルティング業務/ドキュメントデータ管理業務/CADデータ翻訳等々、従来にはない新領域のサービスを開発し、お客様の幅広い期待に応えております。

  今後とも翻訳業界の一流老舗ブランドとしてお客様それぞれの信頼獲得と満足度の最大化をめざして努力と成長を続けてまいります。どうぞご期待ください。

2019年1月吉日
代表取締役社長
和田 隆