ごあいさつ
Message
 昨年は令和の新しい御代が幕を明け、それを寿ぐように日本開催のラグビーワールドカップで日本の「桜の戦士」たちが文字通り”One Team”となって史上初のベスト8という快挙を達成し、日本中を沸かせました。
 今年はいよいよ東京オリンピックの年です。数多くのドラマが誕生し、日本中が大いに盛り上がることを期待しております。

 2020年は、1980年に設立された東輪堂にとって、設立40周年を迎えるとともに、2010年に東証一部CDSグループの一員となってから10周年の節目の年でもあります。

 東輪堂は、ISO17100認証取得に裏打ちされた質の高いネイティブにこだわった日英・多言語翻訳を創業以来のコア事業としておりますが、翻訳の上流工程であるドキュメント制作においても、和文ライティング・英文ライティングから下流工程である編集・印刷までを網羅し、産業機械、精密機械、自動車、重機、医療機器、建築、広報IR、法律、美術、大学・教育、観光、出版等々、ハードからソフトに至る幅広いお客様のニーズに対応する多様なサービスを提供しております。

 更に最近は、翻訳業務における新しいテクノロジーも積極的に取り入れてお客様にご提案しており、機械翻訳ソリューション、翻訳コンサルティング、ドキュメント管理業務、CADデータ翻訳、Web自動多言語化等々、新領域サービスの地平も日々拡大しております。

 この10年で数多くの新入社員が入社して、CDSグループ加入後の社員が半数近くを占め、ベテラン社員と融合し、文字通り”One Team”となって目覚ましい活躍をしております。

 今後とも翻訳業界一流老舗ブランドとしての誇りをもち、それぞれのお客様からの信頼獲得と満足度の最大化をめざして、社員とともに力強く歩んでまいります。

2020年1月吉日
代表取締役社長
和田 隆