ごあいさつ
Message
 東輪堂は1978年に多言語翻訳会社として出発いたしました。創業以来他社に先駆けて最新テクノロジーを積極的に導入し、品質、コスト、スピードの優位性を武器に多くのお客様の厚い信頼を得て、業界におけるリーディングブランドとして発展してまいりました。

 現在は多種多様な技術文書のライティングから、テクニカルイラスト作成、日英/多言語翻訳、DTPさらに印刷に至るまでお客様それぞれのドキュメンテーションニーズに柔軟に対応しております。

 ドキュメンテーション事業領域は技術文書から販売促進、広報IR、法律、医療、大学・教育、観光・出版等極めて多岐にわたっており、取り扱い言語は70カ国語を超えて新興国経済の発展に伴い、毎年増加しております。

 2010年には東証1部上場のCDSグループの一員となり、経営基盤が一層強化され、2015年には港区芝の新社屋に移転し、第二の創業として従来にも増してブランド競争力の向上を図る取り組みを重ねております。

 グローバル翻訳リソースデータベースの再構築と拡充・管理による品質・納期・コストのベストミックスのご提案、新規テクノロジーの積極的採用、社員教育の充実、ISO17100への対応、等々これからも企業価値向上に向けたチャレンジは続きます。

 今後とも東輪堂は翻訳業界の一流老舗ブランドとしてお客様それぞれの信頼獲得と満足度の最大化を目指して努力してまいります。

代表取締役社長
和田 隆