テクニカルライティングの重要性
The Importance of Technical Writing
「テクニカルライティング」とは、ユーザーが知りたい情報や知らなければならない情報を、わかりやすく正確に伝えるための記述手法のことです。

テクニカルライティングが高品質であるための条件

誰もが理解できる用字・用語を使用した平易な文章
的確で整理されたコンテンツ構成
タイトルの付け方や用語の使い方、「てにをは」の使い方までを規定した文章スタイルルールに基づいた統一性
ビジュアル化による、視認性と分かりやすさの向上
必要な情報を漏れなく伝えながらも、ユーザーの負担にならないページ数

東輪堂のテクニカルライティングのポイント

目次構成
製品の全体像を把握し、製品を使うユーザーが必要とする情報の重要度・使用頻度を分析します。
そこから情報を整理・ランク付けし、階層分けを行って目次構成を作成します。
理解しやすく使いやすいマニュアルに構成することが、顧客満足度の高いマニュアルを作るための第一歩となります。
ライティングスキル
製品の仕様が未確定の状態でも、設計仕様書等の資料があればライティングがスタートできます。
作業途中の仕様変更を反映しながら実機での動作確認なども行って、マニュアルを完成させます。
お客さまのご要望に加え、プロの目による改善策をご提案し、ユーザビリティの高いマニュアルに仕上げていきます。
検索性
東輪堂のテクニカルライターは操作手順を熟知した上で、ユーザーの視点に立ったマニュアルの提供方法と検索性をご提案します。
情報の取捨選択
情報の重複やユーザーに必要のない設計上の仕様等が含まれていると、情報過多なマニュアルになります。
不要な情報を削ぎ落とし総ページ数を削減することで、ユーザビリティの向上はもちろんのこと、コスト削減も実現できます。

/お急ぎの方はお電話ください
お急ぎの方はお電話ください